ケ・セラセラ なるようになる~

母子ヌード撮影に40組

d0147099_13301453.jpg

「アラーキー」こと、写真家の荒木経惟(のぶよし)さん(67)が6月28、29の両日、熊本市上通町の市現代美術館で「母子」のヌード撮影をした。

過激なヌード写真で知られる荒木さんだが、母子 をテーマにするのは初めて。「愛とか生とかを考えると、最高のポートレート(肖像)はお母さんと子どもなんじゃないか、そういう気分になった」。そう語る 荒木さんに共鳴した40組が熊本県内外から参加した。

熊本県内の女性(36)は2月に生まれた長男と参加した。上に娘が1人いるが、3度の流産も経験した。5年前には弟を事故で亡くし「命というのは、いろんな偶然が重なって全うできるもの」と改めて思ったという。

「流産を経験し、無事産めるのは本当に幸運なんだと実感した。母と子はやっぱり特別な関係。荒木さんに撮ってもらい、それを形に残したかった。どんな作品になっているか楽しみ」と笑った。

「おなかにでっかい傷がある」と生後9カ月の長女と撮影に臨んだ福岡市の女性(30)。緊急の帝王切開で娘を出産し、腹部に10センチほどの傷が残った。

最初は、正常分娩(ぶんべん)ができなかった自分に負い目を感じた。傷口が痛むなど、心身ともにつらい時期があったが、子どもの成長を見ているうちに気持ちが変わってきたという。

「逆に娘を産んだ証しになっていいかも、と思えるようになった。この傷も、写るものなら写してほしい」

荒木さんの大ファンという熊本市の女性(34)は4カ月の娘と参加した。「一つの生を産むのは生々しく、命をつないだことを実感した。荒木さんはそれを写真に残してくれると思った」

51歳の夫も応募に大賛成した。わくわくして臨んだ撮影。女性は「妊娠から出産までいろんなことがフラッシュバックした。生んだ意味を形に残せてよかった」と笑った。撮影に立ち会った夫も「家族のきずなを再認識できた」と喜ぶ。写真は必ず家に飾るつもりだ。

「よしきた」「いいね。やっぱ、お母さんはいい」。撮影は軽快に進んだ。荒木さんは、個々のモデルの事情をくんで撮影するのではなく、あくまで自分のテーマで作品を撮るという姿勢だった。

「いろいろ抱えてるらしいのは見ていて、分かるけどね。そういうのじゃなくてね、『ここにある愛』みたいなものを撮ったんだよ」。荒木さんらしい笑顔で締めくくった。

作品は、11月1日から同館で開催する荒木さんの個展で発表する予定だ。
[PR]
by cpu-700mhz | 2008-07-14 13:30
<< 『サキヨミ』視聴率10.1%にアップ 14日の今日は何の日日記 >>



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧