ケ・セラセラ なるようになる~

<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

29日の金相場・プラチナ相場日記

10/29 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,698円/g
銀  :68,460円/kg
プラチナ: 4,714円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,625円/g
銀  :64,470円/kg
プラチナ: 4,526円/g
●前日比
金  : +8円
銀  : +210円
プラチナ: -21円

ニューヨーク商品取引所27日の金塊先物相場は対ユーロでのドル高を受けて下落、前日比$15.80安の$1322.20で取引を終了した。米国の追加金融緩和の規模が市場予想よりも小さくなるとの見方から対ユーロでドルが買い戻され、金相場は売り優勢の展開となった。株安も圧迫要因となり、一時1,320ドルを割り込むなど大きく値位置を切り下げた。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-29 15:00

28日の金相場・プラチナ相場日記

10/28 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,690円/g
銀  :68,250円/kg
プラチナ: 4,735円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,618円/g
銀  :64,260円/kg
プラチナ: 4,547円/g
●前日比
金  : -30円
銀  :-1050円
プラチナ: -55円

ニューヨーク商品取引所27日の金塊先物相場は対ユーロでのドル高を受けて下落、前日比$15.80安の$1322.20で取引を終了した。米国の追加金融緩和の規模が市場予想よりも小さくなるとの見方から対ユーロでドルが買い戻され、金相場は売り優勢の展開となった。株安も圧迫要因となり、一時1,320ドルを割り込むなど大きく値位置を切り下げた。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-28 13:30

27日の金相場・プラチナ相場日記

10/27 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,720円/g
銀  :69,300円/kg
プラチナ: 4,790円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,647円/g
銀  :65,310円/kg
プラチナ: 4,602円/g
●前日比
金  : +30円
銀  :+2000円
プラチナ: +68円

ニューヨーク商品取引所26日の金塊先物相場はドル相場や経済指標を眺めて売り買いが交錯する中、前日比$0.30安の$1338.0で取引を終了した。序盤は対ユーロでのドル反発を嫌気して売りが先行。ただその後は安値拾いの買いに加え、米国の追加金融緩和観測を背景に買い戻され、下げ幅を縮小して引けた。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-27 10:01

26日の金相場・プラチナ相場日記

10/26 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,690円/g
銀  :67,300円/kg
プラチナ: 4,722円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,618円/g
銀  :63,320円/kg
プラチナ: 4,534円/g
●前日比
金  : -3円
銀  : +100円
プラチナ: +15円

ニューヨーク商品取引所25日の金塊先物相場は対ユーロでのドル安を受けて上昇、前週末比$13.90高の$1338.30で取引を終了した。前週末のG20で「通貨安競争」回避への具体策が提示されなかったことや、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国が追加金融緩和に踏み切るとの見方から、対ユーロでドルが軟化。これを眺めて金相場は買いが継続し、急反発となった。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-26 10:01

25日の金相場・プラチナ相場日記

10/25 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,693円/g
銀  :67,200円/kg
プラチナ: 4,707円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,621円/g
銀  :63,210円/kg
プラチナ: 4,519円/g
●前日比
金  : +25円
銀  : +630円
プラチナ: +36円

ニューヨーク商品取引所21日の金塊先物相場は、良好な米経済指標の発表や週末のG20(先進20カ国地域財務相・中央銀行総裁会議)を控えたリスク回避にドルの買い戻しが強まり圧迫、前日比$18.60安の$1324.70で取引を終了した。米追加金融緩和政策への期待からドル安への圧力が続き、一時金相場は堅調な推移を見せていたが、新規失業保険申請件数の減少、9月米景気先行指数と10月フィラデルフィア連銀管轄地区製造業景況指数の上昇にドル買いが支援され圧迫。さらに、週末に韓国で始まるG20を控え、偏ったドル安を警戒し、リスク回避にドルを買い戻す動きが強まった。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-25 10:32

22日の金相場・プラチナ相場日記

10/22 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,668円/g
銀  :66,570円/kg
プラチナ: 4,671円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,596円/g
銀  :62,580円/kg
プラチナ: 4,483円/g
●前日比
金  : -51円
銀  :-1780円
プラチナ: -41円

ニューヨーク商品取引所20日の金塊先物相場は、米追加金融緩和の規模が予想より拡大するとの期待が膨らみ、ドル安再燃となって支援、前日比$8.20高の$1343.30で取引を終了した。前日の中国による予想外の利上げは、上海株式市場が安定したことで他の市場もしだいに落ち着きみせた。混乱が収まる中、米国シンクタンクのレポートとして「FRBは6ヶ月間で5000億ドル規模の国債購入を検討中」との報道が出され、追加金融緩和の規模拡大期待が広がりドルが再び売り込まれる状況となった。前日の急落で値頃感の買いも加わり堅調相場を取り戻した。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-22 12:00

21日の金相場・プラチナ相場日記

10/21 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,719円/g
銀  :68,350円/kg
プラチナ: 4,712円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,646円/g
銀  :64,370円/kg
プラチナ: 4,524円/g
●前日比
金  : +15円
銀  :+1050円
プラチナ: +38円

ニューヨーク商品取引所20日の金塊先物相場は、米追加金融緩和の規模が予想より拡大するとの期待が膨らみ、ドル安再燃となって支援、前日比$8.20高の$1343.30で取引を終了した。前日の中国による予想外の利上げは、上海株式市場が安定したことで他の市場もしだいに落ち着きみせた。混乱が収まる中、米国シンクタンクのレポートとして「FRBは6ヶ月間で5000億ドル規模の国債購入を検討中」との報道が出され、追加金融緩和の規模拡大期待が広がりドルが再び売り込まれる状況となった。前日の急落で値頃感の買いも加わり堅調相場を取り戻した。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-21 12:30

20日の金相場・プラチナ相場日記

10/20 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,704円/g
銀  :67,300円/kg
プラチナ: 4,674円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,631円/g
銀  :63,320円/kg
プラチナ: 4,486円/g
●前日比
金  : -85円
銀  :-2730円
プラチナ: -87円

ニューヨーク商品取引所18日の金塊先物相場は、序盤はドルが対ユーロで反発したことを受けて軟調となったが、後半はドル安展開で買い戻されてほぼ持ち合い、前日比$0.10高の$1371.20で取引を終了した。いままでの一方的なドル安に調整が入り、ドルは対ユーロで一時買い戻される場面となり、金の買いは手控えられて利食い売りが優勢となった。しかし、発表された9月の米鉱業生産指数が低下すると追加金融緩和観測への意識が強まり、再びドル安に転じて金は買戻しが強まって回復していった。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-21 02:11

19日の金相場・プラチナ相場日記

10/19 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,789円/g
銀  :70,030円/kg
プラチナ: 4,761円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,716円/g
銀  :66,050円/kg
プラチナ: 4,573円/g
●前日比
金  : +23円
銀  :+1570円
プラチナ: +46円

ニューヨーク商品取引所18日の金塊先物相場は、序盤はドルが対ユーロで反発したことを受けて軟調となったが、後半はドル安展開で買い戻されてほぼ持ち合い、前日比$0.10高の$1371.20で取引を終了した。いままでの一方的なドル安に調整が入り、ドルは対ユーロで一時買い戻される場面となり、金の買いは手控えられて利食い売りが優勢となった。しかし、発表された9月の米鉱業生産指数が低下すると追加金融緩和観測への意識が強まり、再びドル安に転じて金は買戻しが強まって回復していった。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-19 10:30

18日の金相場・プラチナ相場日記

10/18 09:30発表

●小売価格(税込)
金  : 3,766円/g
銀  :68,460円/kg
プラチナ: 4,715円/g
●買取価格(税込)
金  : 3,693円/g
銀  :64,470円/kg
プラチナ: 4,527円/g
●前日比
金  : -61円
銀  :-2410円
プラチナ: -86円

ニューヨーク商品取引所15日の金塊先物相場は、ドルが対ユーロで反発したのを眺めて軟化、前日比$5.60安の$1371.10で取引を終了した。注目されていたバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演は追加金融緩和実施に前向きな内容で、一時ドルは主要通貨に対し下落した。しかし、金融緩和策の金額規模が予想より小さくなる可能性が高まっていることや、その後発表の9月米小売売上高と10月の連銀製造景況指数が事前予想を上回る数値となったことでドルは買い戻された。
[PR]
by cpu-700mhz | 2010-10-18 10:30



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧