ケ・セラセラ なるようになる~

のりピー1日1万円「並の個室」…

17日に保釈された女優の酒井法子被告(38)について、同被告を出頭させた都内の建設会社会長(71)が18日、取材に応じ、保釈保証金500万円は継母(62)が全額負担したことなどを明かした。メンタル面の治療で東京・新宿区内の病院に入院中の同被告は、まだ長男(10)と対面できていないという。また、民放各局で17日に放送された保釈特番が、高視聴率を記録したことも分かった。

 金欠? 計画的? いろんな憶測を呼んだ保釈劇。建設会社会長によると、酒井被告の保証金500万円は、同被告の身元引受人である継母(62)が全額を支払っていたことを明かした。

 酒井被告は14日に保釈が認められ、15日に保証金の半額250万円を納付し、4日目で拘置先の警視庁東京湾岸署を出た。この“ろう城”についても会長は「本人の心の準備と反省の時間を作るため」だったと“金欠説”を全面否定した。

 現在、酒井被告はメンタル面の治療で入院中。長男と対面したとも一部で報じられたが、これも会長は「まだ会えていない」と否定。個室に入っているが、VIPルームではなく並の部屋で、室料は1日1万円程度とみられる。仮に10月26日の初公判まで同室に入院すれば、40日間で約40万円の計算に。入院費は酒井被告自身が負担するという。

 治療内容は点滴を受け、担当カウンセラーが付きっきりで様子を見るというもので、体力の回復を図りながら続けていく。睡眠薬は飲んでいない。覚せい剤の禁断症状は「100%出ていない」。

 同病院にはこの日、約10人の報道陣が詰め掛けた。午後7時に担当の榊枝真一弁護士が来院。入院に関する手続きを行ったとみられるが、報道陣の問いかけには答えず、ダッシュでタクシーに乗り込んだ。

 酒井被告について、逮捕前に芸能界引退を覚悟していたことを明かした会長。この日も芸能界復帰については「現状では考えられない」とした。
[PR]
by cpu-700mhz | 2009-09-19 19:30
<< 「しんちゃん」の臼井さんか、が... “保釈ショー”3局で62.2% >>



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧