人気ブログランキング |

ケ・セラセラ なるようになる~

麻木久仁子W不倫認めた…1カ月前に破局

 タレントの麻木久仁子(48)が22日、東京・赤坂のTBSで緊急会見し、タレント、大桃美代子(45)の元夫でAPF通信社代表の山路徹氏(49)と2006年から交際していたことを認めた。大桃がツイッターで暴露した「不倫」関係は事実だった。しかも、交際開始時は麻木と山路氏は既婚者同士でW不倫状態。さらに、麻木は山路氏に対し公私にわたり金銭的援助を続けた末、1カ月前に破局したことを明かした。

 水曜コメンテーターを務めるTBS系「ひるおび!」の生放送後、麻木は約50人の報道陣が待つ会見場に姿を見せた。

 不倫騒動は、19日、大桃がツイッターに「元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかった」とつぶやいたことから勃発。麻木は「山路さんとお付き合いしておりました。ただ、つい先日、別れを迎えることになりました。1カ月たつかたたないか、ごく最近です」と切り出した。

 麻木によると、山路氏とは十数年前に仕事を通して知り合い、麻木が元夫の作曲家、松本晃彦氏(47)と離婚した06年3月の直前に交際を開始。山路氏と大桃は09年11月に離婚が発覚したが、麻木は「2006年6月に離婚したと聞いている」と説明。とはいえ、一時はW不倫状態にあり、不倫は約3年にわたっていた。

  会見で、麻木は「すでに結婚生活が実態として終了し、あとは離婚届を出すだけの状態だと理解していました。私も別居していて、いつ離婚届を出すかという状 況。私の認識では(お互い)離婚状態だった」と釈明。だが、交際当時を振り返り「これって不倫になるのかな?と冗談で話してました」ともらし、不適切な関 係という認識があったことをうかがわせた。

 麻木にとって、山路氏は「心から尊敬するジャーナリスト」であり、「ともに歩んでいける」特別な男性。「いつか分からない将来、2人が続いていたらいいね」と語り合ったこともあり、所属事務所や関係者にも交際を報告していた。

 事実、お互いの離婚成立後は再婚に障害がなくなり、「(16歳の)娘がハタチになるまでは誰とも同居しない」と4年後を見据えていたが、その途中で破局を迎えた。

 「精神的、肉体的、金銭的に疲れてしまった。お互いに大人ですから、ナアナアではすませられなかった」。文字通り、コメンテーターらしくスラスラと発言してきた麻木だったが、別れの理由を問われると、目に涙をため、唇をかみしめた。

 麻木は仕事の資金繰りに苦しむ山路氏のため、同氏の住むマンションの家賃、車の購入代金などを支払っていたという。詳細は語らなかったが、金銭問題が要因だったことも明らかになった。

 「不倫」という言葉をさけながらも交際を認め、さらに元夫の金銭問題まで口にした麻木に対し、大桃はこの日深夜、ツイッターを更新し“会見”の開催を予告。女のバトルは新展開を迎えた。
by cpu-700mhz | 2010-12-24 07:00
<< 24日の金相場・プラチナ相場日記 グリー、「無料です」取りやめ >>



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧