人気ブログランキング |

ケ・セラセラ なるようになる~

インベーダーゲームが1/6サイズ貯金箱で帰ってきた

d0147099_15421897.jpg

1978年に登場し、喫茶店やゲームセンターで誰もが夢中でプレイしたシューティングゲーム「スペースインベーダー」。

誕生から30年以上が経過した現在、貯金箱『スペースインベーダーゲーム 筐体型バンク』(タカラトミー製)としてよみがえった。サイズは約1/6、アーケード用テーブル台として忠実に再現されている。そのリアル感はどんなものか、インベーダーゲーム世代の一人として実際に触ってきた。

まず、驚かされるのは外観のディテールのこだわり。当時のゲーム機と同様にゲーム説明書きがテーブルに貼られていたり、コントロールパネルのデザインもそっくり真似ている。モニターはモノクロだが、付属のカラーフィルターを貼るとカラー画面になる。

操作系は1レバー、1ボタンで、100円を入れるとプレイできる。貯金箱の役割をするため、100円を入れるごとに画面にいまどのくらい貯まっているか表示される。80枚まで貯金可能。3月末発売予定で価格は5775円。単3形アルカリ乾電池3本で動く。

「つらい行為を楽しくするのが、当社製品づくりのポリシーのひとつ。貯金を楽しくするために貯金箱をインベーダーゲームにしたわけです」と説明。

確かに、ゲームに夢中になればなるほど、貯金が増えるというのは画期的かも。なお、ゲーム音のボリュームをしぼれるので、プレイ中に回りの人に迷惑をかけないですむ。ただし、エキサイトしてプレイヤーみずからが大声を出してしまうとダメであるが。
by cpu-700mhz | 2009-03-13 15:42
<< 総額約1億円衣装 福岡で桜開花 >>



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧