人気ブログランキング |

ケ・セラセラ なるようになる~

2010年 11月 28日 ( 3 )

ネット上の“エロス”、どこまで許されるの?

パソコンやインターネットが急速に普及した要因のひとつに、しばしば「エロ」があげられます。男性読者のみなさんなら、一度くらいはお世話になったことがあるのでは? かくいうぼくも、パソコンを買って真っ先にしたことといえばエロサイト巡りだったりします。で、無料であれ有料であれ、ネット上ではちょっと検索すれば無修正の画像や動画がいくらでも見られてしまうわけですが、こういうのって法律上は問題ないんでしょうか?

弁護士ドットコムのコンテンツクリエイター・山本尚宏さんによれば「無修正のアダルトコンテンツは刑法上のわいせつ物にあたりますが、それらを『購入』『鑑賞』『鑑賞の目的で所持』するだけなら犯罪にはなりません」とのこと。ほほう、わいせつな画像や動画をダウンロードするにせよ、裏DVDをネット通販で買うにしろ、個人で楽しむ分にはOKなんですね。

しかし、それらを「頒布」「販売」「公然と陳列」「販売の目的で所持」した場合は、「2年以下の懲役または250万円以下の罰金」だそうです(刑法175条)。つまり、ネットでダウンロードした無修正の画像を掲示版やブログに掲載したり、裏DVDを他人にあげたり売ったりしたら犯罪が成立する可能性があるというわけです。
当然、上記の刑法175条に照らせば、無修正のアダルトコンテンツを提供するサイト側は違法ということになります。もっとも、海外のサーバであれば日本の法律は及びませんから、事実上は野放し状態ですが…。いずれにせよ、ネット上で裏モノを見たり買ったりする行為は、法律上はおとがめナシとはいえ、危ないモノに手を出しているという自覚は持つべきです。

たとえば、日ごろ利用している(あくまでも仮定の話ですよ)国内の裏DVD通販サイトが摘発された場合、顧客リストを見た警察が利用者に対して事実確認を求めることもあり得るそうです。まあ、ただの確認ですから罰せられはしないものの、かなり気まずいものがありますし、ヘタをすれば家族や知人にバレることも。それとは別に、悪質なサイトであれば顧客の個人情報を業者に売っているかもしれませんから、用心するに越したことはありません。
by cpu-700mhz | 2010-11-28 20:30

カタール王子が2億円のランボルギーニで事故して大破

d0147099_14313046.jpg

 カタール王室のアル・タニ王子が所有する伊高級スポーツカーのランボルギーニの特別仕様車「Lamborghini Murcielago LP670 SV」を英ロンドン市内で運転中に、BMWと衝突し、大破させる事故を起こしていたことがわかった。車体価格は250万ドル(約2億1000万円)。けがはなかったという。

 アル・タニ王子は、名うてのプレイボーイとして名をはせており、ヤンチャな逸話を多く残すが、2億円のランボルギーニ特別仕様車をつぶすという武勇伝を残してしまった。

 英イブニングスタンダード紙によると、王子は先週、ロンドン市内のハイドパーク近くの路上を走行中に、カーブに差し掛かったところで、スピードを出しすぎた2台の車がぶつかったという。車は両方が大破したが、けが人もなく、逮捕者は出ないという。

 欧州では「ドラ息子」たちによる、公道をサーキットに見立ててレースをしたり、スポーツカーの飛ばしすぎによる事故が多発し、社会問題化していた。

 カタール王室は、英高級百貨店ハロッズ、サッカーのスペインリーグのマラガなどを買収している。カタール王室の資産は383億ドル(約3兆2000億円)だと見積もられている。
by cpu-700mhz | 2010-11-28 14:31

“危険な頭痛”の見分け方

「頭痛い…。でも、熱はないし寝不足かな」なんて放置しがちな頭痛。だけど、もしかしたら腫瘍や出血など命に関わる病気ってこともあるはず…。そこで、危険な頭痛の見分け方を、東京女子医科大学病院などで頭痛外来を担当する清水俊彦先生に聞きました。

「頭痛は大きく2種類に分かれます。1つは、特に異常が見当たらない“一次性頭痛”というもので、命の危険が低い頭痛。『こめかみ辺りがズキンズキン』と痛む“片頭痛”、『ギューッと後頭部を締め付けるような痛み』の“緊張型頭痛”、『片目の奥がえぐられるような激痛』の“群発頭痛”などがあります」

うわ、ツラそう…。でも、危険な頭痛はこれとは別にあるってことですよね!?

「本題の、危険な頭痛は“二次性頭痛”と呼ばれます。“時間が経つごとに痛みが増す”“今まで経験したことのない痛みに襲われる”といった場合は二次性の可能性が高い。例えば、脳動脈にできたコブが破裂する“くも膜下出血”では、破裂の1〜2週間前に片頭痛に似た痛みを感じることがあります。ただ、片頭痛なら長くても2〜3日で治りますが、くも膜下出血は、破裂までの約2週間、寝ても覚めても痛みがずーっと持続し、血圧も高くなります」(同)

この頭痛を放っておくと、数日後には突然バットで頭を殴られたような激しい痛みに襲われ、大出血を起こすとか…。怖っ。

「また、最近中年男性に多いのが、首の後ろにある“椎骨動脈”が裂ける“椎骨動脈解離”。後頭部に鈍い痛みが生じるので緊張型頭痛と似ていますが、めまいとともに“後頭部の片側だけ”が痛むのが特徴です(緊張型頭痛では片側だけが痛むことは少ない)。バットやゴルフクラブを振るなど、思い切り首をひねった時に起こる場合もあるので『首筋を痛めただけ』と勘違いする人も多いんですよ。でも、放っておくと大きな病気を引き起こしかねません」(同)

危険な頭痛を見分けるには、頭痛の先にある病気の特徴を正しく知る必要があるってことね。
by cpu-700mhz | 2010-11-28 09:31



日々のニュースを中心に時々プライベートなことも書き綴ります。
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧